セイゴオちゃんねる
最新情報最新情報
2021.08.30 EVENT

EVENT【千夜千冊エディションフェア特集㊴】甲府の知の重心を支える、ジュンク堂書店岡島甲府店の知祭り

猛暑さなかに複数店舗でエディション知祭り開催中の甲府から、また新たにレポートが届きました。今回は、山梨県で唯一のデパート、岡島百貨店内にあるジュンク書店岡島甲府店です。ふたたびイシス編集学校の内田文子さんの取材をもとに、フェアの様子をご紹介します。

岡島百貨店は創業天保14年(1843年)の老舗。「皆様の岡島」というキャッチコピーが地元住民にすっかり定着しています。ジュンク堂書店のオープンは2011年、売り場面積約3,000m2、80万冊の本を揃えた大型書店です。

 

6階のほぼワンフロアに広がるジュンク堂書店。文具を扱うMARUZENを併設しています。

 

エディションフェアは、レジ横の特設スペースで開催しています。

 

比較的近年のセイゴオの編著作もいっしょに並べられています。

 

テキパキとした語り口が印象的な高木章子店長(左)と、人文芸術ご担当の古屋彩さん。それぞれ気になるエディションを手にしていただいた。おふたりからは「松岡さん、カッコいいですね~。アニメに出てきそう」というチャーミングなコメントもいただきました。

 

地元資本の独立系の書店がそれぞれのアイディアで棚を個性的につくっているのに対して、ここジュンク堂書店は山梨屈指の大型書店として、「なんでも揃う本のデパート」としての位置づけを守り続けています。甲府市は、多くの日本の地方都市と同様に中心街から地元プレイヤーが去ってしまい空洞化が進んできましたが、ジュンク堂書店の存在が山梨の知の重心をなんとか支えてくれているようです。

 

 

ジュンク堂書店 岡島甲府店
https://honto.jp/store/detail_1570071_14HB320.html

*千夜千冊エディションフェアの期間は未定